独習PHP第4版を読んで:

 

今まで、ホームページやブログでWordpressを独習し使って来た。WordpressはPHP言語で実現されていること知りPHPの基本から学んで見たくなった。ちょうど6月に「独習PHP第4版」(山田祥寛著)が出版されるとのことで早速レビューアに応募させていただき「新たな独習」の機会をいただきました。

出版社から6月10日に真新しい本の配本いただき、その厚さにまず驚く(なんと650頁)。表紙と目次、本書の読み方をシッカリ眺めながら初回の読書は7月中旬までと決め読んでみました。新しくPHPプログラムを独習する初学者の拙い感想です。

本書を読んだ感想は以下の3点:

その1.「独習PHP」タイトルにピッタリの内容
 近くに指導者や相談相手がいない独習者にとって、本書は学びの「良き教科書でありガイド(案内者)」として活用できる。「懇切丁寧な説明」と「豊富なプログラム事例」があり、実際に自分で動作結果を体験しながら学べる。

その2.プログラム作成の一層深い学びの「ヒント情報」が満載
本書の内容を理解してからPHP専門サイト(https://www.php.net/)のマニュアル、ドキュメント等を見ると役立つと思う。

その3.パソコンと3つの道具(Tool)だけで学べる
 3つの道具「①XAMPP、②Visual Studio Code、③ブラウザ(Chrome)」だけ。もっとも本書をテキストに基本を理解、習得するにはある程度の学ぶ「時間と努力」は必要かと思う。

学習に使う3つの道具
XAMPP Visual Studio Code Browser((Chrome)

本書の良い所:

その1.「文法、構文の説明」だけでなく「具体的な例」と「使う場面の説明」、さらには「プログラム作法」、「Note関連知識」まで記述されているのはとても有難い。章立て、内容の進め方がとても配慮されており、説明と(日本語)表現がとても親切で初心者にも分かりやすい内容です。

その2)プログラム作成時や解読時に、手元に置いて辞書/事典として長く活用、役立つと思います。本書の内容(情報量)からすると650頁位は必要だなあと思った。

その3)特に後半「第8章リクエスト情報」、「第9章データベース連携」、「10章 オブジェクト指向構文」、「第11章 高度なプログラミング」は、サーバサイドプログラム事例も含めそれだけで読み切りテーマになると思う。ジックリ考えながら実習に役立つ。

独習PHP第4版(PHP8対応)
独習PHP第4版 (PHP8対応)

初めてのPHP体験:

1)PHP言語は新旧の幅広い世代のプログラマーを暖かく迎えてくれる間口広い言語
 50年前(1970年代)パソコンもインターネットも無い時代、初めてコンピュータに触れた。仕事では「アッセンブラ言語(含む機械語)」や「Fortran言語」、「COBOL」を使っていた。当時と言語表記は異なるが,数理処理などなじみの機能(関数、ライブラリー)もあってPHP構文は「学びやすく」、「十分楽しめる」言語と感じた。
「オブジェクト指向」も加わり化石世代プログラマーには少々難しい部分もあったが「プログラム言語現代史」の勉強にもなる。

2)ネットで、単発的テーマ、不明点を色々調べるのも楽しいが、まずはジックリ本書を読み切り、PHPの基本、全容を把握することは、さらなる学習を進めるために多少とも自信が湧いてきた。

3)本書は入門書ではないが、PHP言語の基本と活用について「キッチリ」学び、理解する「独習する」方々にとても頼りなる良書と思います。

参考サイト(URL):

XAMPPソフトウエア(最新バージョンはPHP8対応)
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
Visual Studio Code(VSCodeは便利)
https://code.visualstudio.com/
Chrome 開発Tool (Chrome起動して[Ctrl+Shift+i」
https://www.google.com/intl/ja/chrome/dev/
PHPマニュアル(日本語)
https://www.php.net/manual/ja/


横浜市ランキング

令和3年6月カレンダ

新型コロナワクチン接種

 9日夕方、自衛隊東京大規模接種センター(大手町)へ行き、夫婦で一回目の接種をうけた。東京駅南口から現地まで送迎バスが4分毎出ており乗車して約10分程度で接種会場に到着。誘導員の案内で、入り口からはいり問診など一連の確認後、接種終了、次回の日時予約まで30分もかからずスムーズに完了。入り口から出口まで一連の作業と人の移動を「一筆書き」で制御、お互い人の干渉やストレスがない配慮が素晴らしい。

自衛隊東京大規模接種センター

案内や予診、接種、接種後の観察、次回の接種予約等々、医師、看護師、警備他多数のスタッフの方々が連携、対応してくれ大変安心しました。頂いたガイド熟読して7月中旬の二回目接種に備えます。きっと今後も新たな環境になっても日本が乗り越えていくとこと期待して帰路につきました。


日記・雑談(70歳代)ランキング

令和3年6月カレンダ

芝 before after

 

 朝は曇り空、時々小雨の横浜の郊外、お手伝いしている墓苑で芝の様子を見た。1か月くらい前、植木屋さんがツツジを芝に全部植え替えた。芝が根付きしっとりした地面に緑一色。ただ、雑草の成長も早く芝の間から目立つようになり、手を入れた。昼近くになり強い日差しがでて肌を刺す。今日の労働はおしまい!

芝 手入れ前(Before)
芝 手入れ前
芝 手入れ後(After)
芝 手入れ後


日記・雑談(70歳代)ランキング

Androidアプリ開発(体験)

 4月に「Androidアプリ開発の教科書 Kotlin対応」第2版(著者:WINGSプロジェクト 斎藤新三 監修 山田祥寛 発行:翔泳社)の案内をFacebookで見て、早速新刊書レビューアに応募、今回も配本していただきました。本書を教科書に4月中旬から1か月Androidアプリ開発の実習体験は初心者として悪戦苦闘の日々もありましたがなんとか先週までに全事例の実習を終えることができました。とても楽しい良い経験させていただきました。簡単な体験談と本書の感想をご紹介させていただきます。

一歩一歩学び、重要箇所や難しい部分は付箋貼付

私の使用環境とレベル:

  • デスクトップPC(HP製 Win10、64Bits PC、メモリ16GB, HDD 500GM)、ディスプレー(Acer製)22インチ)
  • PCに仮想開発環境Android Studio 4.1.3導入してアプリ作成の事例実習((数年前の中古購入PCなので応答がやや力不足、メモリー食うので16GB以上が良い)
  • 手元に「速習Kotlin」(KIndle版)をスマホに入れ文法確認などに使用 
  • 日頃仕事でAndroidやKotlinに触れているわけでないのでコーディング知識や経験が未だ不十分な初心者
  • 趣味で新しいプログラミングを独習する高齢者(現在73歳)
Android Studio Toolは素晴らしい
実習画面(Android Studio)から
地図アプリの実習例(Android Studio画面から)

本書の感想:

1.PC上の仮想環境(Android Studio)でスマートフォンのアプリ開発(コード入力からデバッグ、スマホ画面の動作確認)が出来る。この開発技術はとてもすばらしいと思います。 本書では、Android StudioのPCインストールから環境設定など必要な手順が表示画面付きで具体的に説明されておりとても助かりました。
2.「プログラムは動かなければ無価値、頭だけで分かったつもりは役に立たない」⇔本書の「はしがき」に従い、課題事例すべてのコードを手順に沿って自分の手でデータ入力し動作確認まで実習しました。途中「大小文字の違い、スペルミス、インデント間違いなど多数基本的な入力ミスや考え違いで動作エラーに遭遇) 本書(説明)とAndroid Studioの支援機能を頼りに、誤りを修正し目標の画面が期待通り動作した時の喜びを何度も楽しく味わえました。
3.初心者の私にとって本書の「章立て(内容)」と「学習単位(量)」が適度と思います。毎日数時間、章あたり2日あてて、約1か月でプログラム実習が終了できました。

本書の良い点:

(1)初心者(初学者)や独習者にも優しい:Androidアプリ画面(表示)や操作(処理)で遭遇する基本的な「画面表示、開発手法や作法、注意事項」について易→難へ段階的、具体的に説明されている
(2)学習ストレスが少ない工夫あり(読み切り独立したテーマ、段階的に学べる):章毎に学ぶ内容が独立しており分量的にも適度と思う(章単位で「息継ぎ」「振り返り」ができる」
(3)アプリ開発環境ツール(Android Studio)の基本的な使い方も一緒に学べる
(4)本書事例がそのままコード入力して動くこと、誤植が殆ど無いこと(記事やお手本コード)で安心して実習できる
(5)本書内にある多数の「NOTE]記事や脚注「参考サイトURL]は深く学習するとき参考になる
(6)目次や索引が整備されているので、学んだことの整理や詳細技術習得で活用→目次は自習中に何度も読み返し「自分の学習位置を確認した」

最後に:

 今回は、本書の内容に沿って「写経、写本」形式でアプリ作成と基本手順を理解しながらの実習でした。まだ、自分自らAndroidアプリ設計、開発手順や必要機能組み立てるには「知識も経験も」不足、今後も精進せねば。。。

 当面は復習を兼ね、本書と実習記録を手元に置き学んだことを活用して「自分のためだけのAndroidアプリ自作して楽しみたいな」と考えています。これからしばらくは「匍匐(ほふく)前進、赤ちゃんハイハイスタイル」で学習が続きそうです。

実習記録はバインダー1冊、ミスや失敗体験は貴重、今後に生かしたい

参考情報:

1.Android開発者サイト
(1)Developers:https://developer.android.com/?hl=ja
(2)Developers(YouTube):https://www.youtube.com/c/AndroidDevelopers/featured
2...CodeZine(ディベロッパーの成長と課題解決に貢献するサイト)
https://codezine.jp/
3.Qiita(エンジニアリング共有情報サイト)
https://qiita.com/

下のボタンをClick頂けると励みになります。


70歳代ランキング

身近な植物たち

 今日は昨日の雨も上がり初夏のような陽気、早朝から昼過ぎまで、近くの墓苑で供えた花の処理、雑草の草取りで汗流してきました。シャワー浴び、借りた本を返しに地元図書館へ行った帰路、自宅近くの石畳には雑草が、小さな公園花壇には綺麗な花たちが目に留まりました。

 人の手が入った花たち:

高齢者が世話している花々

人の手の入らない雑草たち:

石の間で生きる雑草
石壁の間で生きる雑草

1.お墓でお供えする切り花:季節によるけど1週間前後で枯れてしまう(私家の花)

2.花壇の花々:季節季節に生きる、人が世話しないと枯れてしまう(育てられる花)

3.路傍の草花:だれにも見向きされず春夏秋冬、人間に踏まれても、刈り取られても逞しく生きている(自分で生きていく)

なんだか、人生のようだ。。。。


70歳代ランキング

新型コロナワクチン接種

 昨日、横浜市から新型コロナワクチン接種券が郵便で我が高齢家族にも届いた。早速、同封の説明を読みました。 高齢者から順番に案内しているそうでこれから個人で接種の場所や日時予約を行ない、2回の接種が無料で受けられる。とてもありがたいことです。

新型コロナワクチン接種

 早速、最寄りの接種場所と日時をネット(PCでURL入力、スマホで二次元バーコード読み取り可)で確認しました。公会堂やスポーツセンタが接種場所になっていています。ネットで予約手続きしてみましたが、すでに今回のWEB予約枠は一杯。一度に多くの人が接種予約に殺到するので当たり前ですね。今後も、順次、街の医療機関などでも接種できる場所と人数を拡大するよう調整中のこと。新型コロナ、自然生物の共存対応、あまり慌てず自分達の接種の日が来るまで今後も情報収集と予約を試みることにしました。 

 国や関係者の努力で状況は徐々によい方向に転じてきていると信じております。 


70歳代ランキング

 

 

2021年4月

早朝の食事

 早朝の仕事が入ると、夜明け前に自宅でて始発電車で仕事場に向かいます。家族の負担考え、最近は仕事場に近いところで朝食取ることにしています。 24時間営業の店で、朝食メニューのある店で取っています。

今月は「松のや」さんが近くにあること知り、利用しています。今回「玉子かけご飯」たべてみました。 

玉子かけご飯

250円(税込み)と安くて素朴な味、高齢者の朝食には十分な量と味です。 いつでも店が開いていて、一人でも気楽に食事できる場所があることは幸せ! 次回は、別の朝メニューも食べてみたい。

【参考】https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/menu/morning/index.html  

2021年4月

花で季節を知る

 自宅周辺では桜が終り、5月の花が咲き始めました。

自宅近くの植え込み(横浜市)

花は「淡いピンク色」から「鮮やかなピンク」へ変化、新緑が気持ちがいい! 小鳥たちも朝から合唱始めています。 朝夕は、ひんやりした空気と草の匂い、昼間は暖かで過ごしやすい。やや老化した私の細胞にも自然は心地よい!

これって「天国」にいるのではないかと思うくらい? 但し、テレビ、ラジオ、新聞とネットなど見聞きしなければね。。 現実は、情報に翻弄される老人の一人です。


日記・雑談(70歳代)ランキング

2021年4月

休日代行、新年度Start

  4月初めての日曜日、日頃お手伝いしている学生寮、管理人さんが休日。静かに家族の寝ているうちに起床、始発電車に乗るため地下鉄の駅に向かう。 日曜日なので歩いている人はいない。ホームにはすでに2,3人先人が電車待っていた。 ご同輩はちかくの病院や介護の勤務明けかな? 電車に乗ると1車両には10人前後座っている。 皆、マスクが常態化

1.今日の朝食はどこでとろうか?
 6時前、桜木町で下車して野毛の店を覗く

朝の野毛(桜木町)

2.看板につられ「松のや」さんへ入る。 
 24時間営業で若い男性のアルバイトさんが1人で切り盛りしている。とても助かりますね。
お客は朝帰りか朝仕事か? 6時前なのにそこそこ入っている。 

「松のや」さん

3.何食べるかな?
 トンカツは腹にやや重いので朝定食にしよう、メニューは色々ある。
 親子丼定食? 玉子かけご飯? ソーセージエッグ定食?、カレーウドン定食?等々 結局、無難な玉子丼セットにした。安く食事とれて助かります。
 

朝定食(玉子丼)

4.満腹! さあ!これから元気に出陣。
 6時過ぎ空も明るくなってきた。電車で横浜駅近くの仕事場へ向かう
 高齢者2人で午前と午後のシフト組み、一人で働きます。 今日は午前番、昼過ぎまでの仕事です。

↓ワンクリック頂けると励みになります。 よろしくお願いします。


70歳代ランキング

2021年4月

本 寄り道

 代表作「楢山節考」、「笛吹川」などの小説、今川焼屋、ギタリスト、農業など多彩な生き方された作家「深沢七郎」の対談集「生まれることは屁と同じ)を読んだ。複数の雑誌での対談を1冊にまとめたもの。対談時期は、著者が44歳から60歳、対談相手12名の内、戦後生まれの女優「秋吉久美子さん」除き全員戦前か戦中生まれ。戦後の昭和の復興時代に活躍した方たち。

河出書房新社 2017年刊

  戦後すぐ生まれた団塊世代(1947年生)の人間にとって学生から社会人になった50年前当時を思い出し、どの対談も面白かった。(あとがきに「今日からみて適切でない表現がありますが、著者が故人であることをかんがみて最小限の訂正にとどめた」との断り書き付き) 対談当時、相手は当時20歳から40歳位で、小説家、劇作家、詩人、女優、テレビ等色々な分野で活躍された方々である。 

姓名生まれた年対談の年対談時年齢職業
唐十郎1940年1970年30歳劇作家
大橋巨泉1934年1971年37歳放送作家
野坂昭如1930年1975年45歳作家
秋吉久美子1954年1978年24歳女優
ヨネヤマ・ママコ1934年1960年26歳舞踏家
樹木希林1943年1980年37歳女優
小沢昭一1929年1972年43歳俳優
横尾忠則1936年1972年36歳美術家、デザイナ
寺山修司1935年1972年37歳歌人、劇作家
高峰秀子1924年1958年34歳女優
大藪晴彦1935年1967年32歳小説家
五木寛之1932年1973年41歳小説家
対談相手と当時の年齢

著者の言葉「生きていくことは暇つぶし」より:

・「死んだら」:
死ぬことは清掃事業の一つですね。
ゴミがたまればゴミ屋が持って行ってくれるように、人間が片付いていくということは1つの清掃事業なわけ

・「都会と田舎と」:
人生のアクセサリーみないなものだね、悩みって!

・「肩書」:
過去の社会はそういう立身出世型の人間たちをつくることで、オレたちの生活を不幸にしてきたんだからね。つまり偉いとかいわれる人間を作って、人間を差別をしてきたわけ。

・「遊ぶ」:
何も考えず、なにもしないで生きることこそ人間の生き方だと思うね。虫や植物が生きていくことと同じようにね。それで自分自身に満足があればいいわけ、生きていくことが青春なんだよ。

社会の価値観が180度変化した昭和20年(終戦時)30才だった著者の人生の言葉。社会経験ない学生が読むと「毒」か「薬」か悩む所。

↓クリック頂けると励みになります。


日記・雑談(70歳代)ランキング